レディ

衣装をしっかり選ぶ

男性

新郎の衣装選び

結婚式での新郎・新婦の衣装は、和装なら色打掛や白無垢と羽織袴、洋装ならウェディングドレスとタキシードが一般的です。衣装を決める流れとして、結婚式を挙げる式場や式場と提携しているドレスショップで、気に入ったものを試着し、衣装を決めていきます。具体的に着たい衣装がある人や、レンタルではなく購入する場合などは、個人的にドレスショップに行き、式場に持ち込むという人もいます。衣装を決める際は、まず新婦の衣装を決め、そのあとに新郎の衣装を決めることが多く、新婦の衣装のテイストや色カラーに合わせるように選ぶと統一感が出て良いでしょう。普段からスーツは着慣れていても、タキシードはスーツとは形などが異なり、結婚式で初めてタキシードを着るという新郎も多くいると思います。タキシードには、ブラック・グレー・ホワイトなどのカラーがあり、結婚式でしか着れないホワイトに挑戦してみるのも良い思い出となります。また、結婚式には挙式と披露宴があり、雰囲気を変えるために衣装チェンジを行うことがあり、ヘアスタイルや小物で簡単に変える場合と、衣装そのものを着替える場合があります。前者の場合、ドレスとタキシードの方が容易にでき、ドレスならブーケや装飾品でイメージが変えられますし、タキシードならベストや蝶ネクタイを変えるだけです。結婚式の衣装は、新郎より新婦にお金をかけるという人が多いので、衣装チェンジのしやすさを考えた衣装選びをすると良いです。